スーツをかっこよく着こなす方法

スーツは大人の制服のようなものです。
似合っているとかっこいいですし、しかし、どんな有名なブランドでも着こなしができていないと、かっこ悪いです。
着こなすにはどうしたらいいものか。
まずは、自分の体に合っているかです。
大きくても、小さくてもいけません。
自分の体にあうスーツが大切です。
あっていないと、しわが入りやす、肩の位置があっていなかったりします。
スーツのジャケット、パンツにはポケットがありますが、現在の分厚く大きな二つ折りの財布が入るようなサイズではありません。
入ったとしても、ポケットのふくらみがシルエットを台無しにしてしまいます。
シルエットを生かすには、ポケットに大きなものを入れないようにしないといけません。
トータルな着こなしはジャケット、パンツだけでなく、ネクタイも重要です。
また、ネクタイを生かすシャツも大切です。
高いものでなく、安くても、ネクタイ、シャツのコーディネイトがよく、シルエットがきれいなら、かっこよく見えるでしょう。